借金 債務整理

借金を返す必要がなくなる!?

雪だるま式に膨らんでしまった借金。借金が返せない、毎月の返済が厳しいと思ったら、過払い金があるか確認してみることをおすすめします。

金利を定める法律には、出資法(上限29.2%)と利息上限法(上限 20%)の二つがあり、多くの消費者金融では、利息上限法を超えて、出資法ギリギリの金利でお金を貸していました。

もし、利息上限法と出資法の間(グレーゾーン金利といいます)でお金を借りている人がいたら、借金を払いすぎている(過払いが発生している)可能性が大きいです。

払いすぎた借金は取り返す(過払い請求)ことができます。

過払い請求をすることにより、借金の額を減らすことができる場合があります。

5年以上前から借りているかたは、過払い金が発生している可能性が大きいです。

10年以上前から借金がある方は、50万円〜100万円の過払い金が発生するケースもあります。

過払い金 発生例

Aさんは消費者金融5社から合計で、約215万円の残債がありました。

過払い金が発生している可能性があるので、利息上限法で再計算(引きなおし計算)してみたところ、

残債(借金)は0円(既に借金分は完済している)となり、逆に過払い金(払いすぎた借金)が、約368万円となっていることが分かりました。

過払い金が発生する例
このように長く消費者金融から借金などと取引をしている場合には、もう既に借金返済が完了して

なおかつ過払い金が発生している場合があります。

過払い請求の方法は?

過払い請求(払いすぎた借金を取り戻す)ことができるといっても、何も言わずにサラ金会社が自主的に転換してくれるわけではありません。

サラ金会社に連絡して、まずは取引履歴を依頼するところから始まり、必要に応じて裁判を行います。

過払い請求を自分で行うこともできますが、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談するのが、もっとも確実な方法です。

特に、街の法律家である司法書士の場合は、一般的に弁護士よりも費用が安く、無料で最初の相談に乗ってくれるところもあります。

過払い請求を依頼する

過払い請求を依頼するのは、法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのがベストな方法であることは、前で述べたとおりですが、問題はどの弁護士や司法書士に依頼するかです。

過払い請求を依頼するとき、もっとも頼りになるのは、過払い請求の経験が豊富な弁護士や司法書士

そして、家族、親戚、知人に知られないよう協力してくれて、

過払い請求時にブラックリスト(信用情報)に乗らないかにつて相談に乗ってくれること。


実は、過払い請求に関しては弁護士も、司法書士も能力的にほとんど変わりがないため、費用が安く敷居が低い司法処理に依頼するケースが増えています。

本サイトで自信を持っておすすめできる司法処理の事務所は以下の3つ

樋口総合法律事務所 ← イチオシ!

リライフ(法律事務所) ← シニアサポート充実!

新大阪法務司法書士事務所 ← 女性のための借金相談はこちら

どの事務所の全国対応しています。家族に秘密にしたい方は、近所よりも遠方の事務所に相談するケースもあるようです。

サラ金会社

大手7社
アイフル
アコム
武富士
プロミス
三洋信販
新生フィナンシャル(旧 GEコンシューマーファイナンス)
CFJ

その他
アエル
エイワ
セディナ(旧 オー・エム・シーカード)
オリエントコーポレーション
プライメックスキャピタル(旧 キャスコ)
クラヴィス(旧 タンポート クオークローン)
SFコーポレーション(旧 三和ファイナンス)
シンキ
エスポカード(旧 丸井)
ライフ
UFJ

【全国対応】借金の債務整理についてメニュー